物思いにふける帰り道におすすめのアンサンブル曲5選

2018年6月24日

emotional ギター ピアノ ブラス ベース 尺八

Tony Kaltenberg & Michael Manring、岸本寿男、Enver Izmaylov、aNDREmu、Julio Mazziottiの楽曲をご紹介します。

今回は物思いにふける帰り道におすすめのアンサンブル曲をセレクトいてみました。

Tony Kaltenberg & Michael Manring - Stargazer Lilly


ギタリスト・Tony Kaltenbergさんとベーシスト・Michael Manringさんの共演です。まるで壮大な一篇の叙事詩ような、心に深く響く一曲です。

岸本寿男 - Spring Sea



尺八奏者・岸本寿男さんとギター奏者・蓮見昭夫さんの共演です。一般的な尺八のイメージとは異なるメロディアスな演奏を披露しており、必聴です。

Enver Izmaylov - Return



ギタリスト・Enver Izmaylovさんの演奏です。巧みなタッピング奏法で、キーボード奏者・Bolatov Ruslanさんと共に、George HarrisonさんとJohn lennonさんへ捧げた一曲を披露しています。

aNDREmu - Finally Home


aNDREmuさんの華麗なチャップマンスティック(タッピング奏法に特化した弦楽器)さばきとMicha Schwarzさんのパーカッションの、息のぴったりと合った演奏を堪能できます。 

Julio Mazziotti - Una Ciudad Sin Rey


ピアニスト・Julio Mazziottiさんの一曲。胸に響く美しい旋律です。

いかがでしたか?

どの曲も素晴らしい味わい深さを携えていますが、ギターとのデュオである前半3曲はギターのアプローチにも注目して聴き比べるとより楽しめるかと思います。

あなたはどの曲を気に入りましたか? それでは良い1日の終わりを!