肩の力を抜きたい昼下がりにぴったりなソロギター曲5選

2018年6月30日

relax ギター

RafQu、Dan LaVoie、Earl Klugh、Chris Yeaton、Billy McLaughlinの楽曲をご紹介します。

今回は肩の力を抜きたい昼下がりにぴったりなソロギター曲をセレクトしてみました。

RafQu - Roads 


ギタリスト・RafQuさんの演奏です。何もしたくないときにボーっとしながらずっと聴いていたい、そんな穏やかな一曲です。

Dan LaVoie - Brookside Avenue



Dan LaVoieさんの一曲。ハープギターの豊かな音色により、ゆったりとしたひとときを堪能できます。

Earl Klugh - This Time



ガット弦ギターの世界的名手であるEarl Klughさん。こちらの演奏は初期のバンド編成でのレコーディングではなく、近年リリースされたソロギターバージョンです。

Chris Yeaton - Cape Arago


スラックキーギター演奏者・Chris Yeatonさんの一曲です。ハワイアン音楽の流れを汲みつつも、彼自身の世界観を表現しているように感じられます。

Billy McLaughlin - Norma's Shuffle


独特なタッピング奏法で知られるBilly McLaughlinさんですが、こちらの曲は通常の奏法で演奏されています。それでも、彼の優れた作曲センスが光っている一曲です。

いかがでしたか?

アコースティックな音楽は耳に優しいので、「じっくりと聴かないで、ちょっと流すくらいにしたい」という場面にもマッチしやすいですよね。

あなたはどの曲を気に入りましたか? それでは良い1日を!