涙腺を刺激する至高の旋律のソロピアノ曲5選

2018年6月11日

emotional ピアノ

Kim Deardorff、Marika Takeuchi、天門、中村由利子、坂本龍一の楽曲をご紹介します。

今回は涙腺を刺激する至高の旋律のソロピアノをセレクトしてみました。

Kim Deardorff - New Beginnings


ピアニスト・Kim Deardorffさんの一曲です。壮大さ、荘厳さ、美しさを携えた演奏で、まるで映画の劇伴のような、ドラマチックな展開を楽しむことができます。

Marika Takeuchi - Starlight


新進気鋭の実力派ピアニスト・Marika Takeuchiさんの演奏です。彼女の優れたメロディセンスを存分に堪能することができます。

天門 - 想い出は遠くの日々


映画監督である新海誠さんの作品への参加が多いことでも知られる、天門さんの一曲です。こちらも、新海誠さんの作品である『秒速5センチメートル』の映画音楽として使用されています。

中村由利子 - スクール・デイズ


優しさあふれる曲調が持ち味の、中村由利子さんの一曲です。自己主張しすぎない、温かな気持ちになれる旋律に目頭が熱くなります。

坂本龍一 - aqua


原曲のレコーディングは水中にマイクをセットして行ったそうです。曲自体も水中をイメージされたのでしょうか、聴いていると静かな落ち着きを得られます。

いかがでしたか?

若手ピアニストから大御所ピアニストまで、素晴らしい楽曲の数々をご紹介させてもらいました。胸の奥底まで届くその美しいメロディに、息をのんだ方も多かったのでは?

あなたはどの曲を気に入りましたか? それでは良い1日を!